砂漠に降りそそぐ龍の雨【第44話】のネタバレ・感想!

「砂漠に降りそそぐ龍の雨」第44話を読みましたのでネタバレを紹介します。

 

SUMMER先生の作品です。

ユアンからダンが捕まっていると聞いたスウ。

本人に確認しに行こうとするも、扉の前で足止めされていた。

外出もレンに知らせもダメと言われてしまった。

>>砂漠に降りそそぐ龍の雨のネタバレ一覧はこちら!

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

砂漠に降りそそぐ龍の雨のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

砂漠に降りそそぐ龍の雨のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

砂漠に降りそそぐ龍の雨【第44話】のあらすじ

ベットに突っ伏するスウの足には足枷がつけられていた。

「スウ何してるの?俺が見つけてあげたのに」

スウの横でサハラが聞く。

「スウ、そんなに落ち込まないでください。二時辰ほど経てば、公子様が来られて、足枷もスウの気分も解いてくださいますよ…。

それでは私はこれで失礼します」

ユアンはそう言って、部屋から出ていった。

スウは顔をあげない。

「スウ~。スウが俺を探す番なのに…やらないの?楽しくなかった??

スウどこか痛い⁉ どうしたの??スウ~俺スウの顔見る!起きて~!!」

サハラがスウをグイグイと動かすが、彼は顔をあげることなく、むしろさらにうずめた。

(全て…全て俺の思い違いだったのか?

いつもいつも…二人きりの時には、ひょっとすると…俺が思っている以上に、俺の事を気に入っているように見えたのに。)

スウは突っ伏しながら、レンとの口づけなどを思い出す。

(単純な暇つぶしで興味を持っただけなのか?でもたかが侍従一人、口説くためにしては念入りじゃないか?

あれだけの身分のやつがどうして?俺以外にも同じようにしているとか?

…そう言えばいつだったっけ、最後に鎖に繋がれたのは)

そんなことを考えているとは知らないサハラは、まだスウに話しかける。

「スウ泣いてるの⁉何で?誰が…」

「ああもう!!」

「あっ!!」

スウはバッと起き上がった。

そしてサハラに向って怒鳴ったのだ。

「それじゃこの状況で、俺に笑えって言うんですか⁉脚にこんなものを繋がれて笑えるとでも⁉

鈍いにも程があるでしょう。本当に…はあ…」

「…スウ怒った?」

砂漠に降りそそぐ龍の雨【第44話】のネタバレ

スウは袖で顔を隠す。

「当たり前でしょう!皇子だから、それなりに手厚くお仕えしたのに!

こんな時に何の助けにもならず、権力もなく!!空気も読めない!!

鎖に繋がれてる人間の気も知らず、歩き回って…神宮に追いやられた身分とは知っていたけど、それでも皇子だから仕えていれば、何か得になることがあるだろうと思ってた俺がバカだった」

スウは怒りに任せて、サハラに言っていた。

我に返ったスウはフォローをした。

「私が言いたいのは…!皇子様の最側近である、私がこのような鎖で繋がれているのは、皇子様の面子にも関わるという…」

「別にいい。スウはすぐどこかにいっちゃうから。こうしてれば、スウがどこにも行かないから」

サハラは真顔で言った。

「そんな…そんな風に言うなんて…もうお顔も見たくありません。さようなら」

スウはそっぽを向いた。

「だめぇっ!!ダメッ!!スウ!!ゴメンなさい!!スウの顔見る。こっち向いて!!こっち向いてぇぇ!!」

鳴咽するサハラ。

(…バカ)

そんなサハラをスウは横目で見た。

「スウ!!」

喜ぶサハラに、スウは起き上がって聞いた。

「サハラ様、本当に何とか手助けして頂けませんか?皇子は皇子じゃないですか。私よりは無下にされないはずです。

体調が悪いフリでも何でもして、レン公子様を呼ばせるとか、せめてこの鎖だけでも解いてくれるよう頼んでくださいよ」

スウはサハラに必死に呼びかけた。

「今すぐ何かをして差し上げるのは難しいですが、いつか必ずご恩はお返しします。

私は後宮部所属なので、皇子様のお母様にでも、いつか必ず何らかの形で、お役に立ってみせますから。だから今回だけどうか私を…」

「戻ってくる?」

サハラはスウの話を遮って聞いた。

「…え?ええ!勿論です!もちろん戻ってきますとも!」

「ずっと俺の側にいる?」

「勿論です。今でもお側にいるではありませんか」

「それなら目を閉じて!早く!!」

「??」

わけが分からずもスウは言われるがまま、ギュッと目を閉じた。

―ガチャンッ!

その音にびっくりして目を開けた。

すると足枷がポロッ…と外れていた。

「…え?」

(脅かすためにただはめたように、見せかけただけだったのか?こんなにも簡単に解けるなんて)

「スウ。こっち」

サハラはいつの間にか扉の方にいた。

「ここから外に出られる」

「これは…」

「スウが見つけた通路は…たぶん今頃レンが全部塞がせてると思う。

でもここは大丈夫。ここはレンも知らない。

道は一本道で…行くなら急いだ方がいい。

レンが来る前に戻って来なきゃいけないから。遅れたら、レンがまたスウをイジメるから…」

「サハラ様~!!」

スウはギュウッとサハラを抱きしめた。

「ああっ!!スウ苦しい!!」

「いつの間にこんなに賢くなられたんですか!?別人かと思いましたよ!!

感動して言葉も出ません!!

このご恩は決して忘れません。先ほど申し上げた通り、私にできる事は多くありませんが…」

「いらない。俺はスウが戻ってさえきてくれればそれでいい。

スウ以外は何もいらない。スウは俺に何もくれなくていい…」

「先ほどの私の言葉、心からお詫び申し上げます。

すぐに行って参りますから、ご心配なさらないでください」

スウはもう一度サハラを抱きしめた。

>>砂漠に降りそそぐ龍の雨のネタバレ一覧はこちら!

砂漠に降りそそぐ龍の雨【第44話】のみんなの感想

足枷付けられたんですね…。

スウさんが思うように、レン様はスウさんに対して特別な感情があったと思うのですが、

足枷をつけさせたり、罪人扱いにしていいと言ったりと…。

本当はただの暇つぶし何ですかね。

スウさんは足枷とレン様の考えの両方に落ち込んでいましたね。

 

サハラ様は無知な子供のようですが、やっぱり”龍”なんですかね。

急に色々知っている風になって、大人みたいで。

そんなこと知らないスウさんはそりゃ驚きますよ。

そして足枷はどうやって外したのでしょう。

そこが気になりますね!

 

さて、勝手に外にでることにしたスウさん。

果たしてレン様が来る前に帰って来れるのでしょうか!?

 

まとめ

以上、「砂漠に降りそそぐ龍の雨」のネタバレを紹介しました。

無料で読めるサービスとしてU-NEXTやFOD・music.jpなどがありますが、2019年6月時点では未配信でした。

上記のサービスは無料で単行本が読めるサービスでのチェックしておくと、好きな作品を読めるかもしれませんね。

▶︎好きな漫画を無料で読む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です